Next Relationロゴ

日本不動産クラウドファンディング協会事務局長に弊社代表取締役CEOの小野寺が就任

2023.12.14

株式会社Next Relation(本社:東京都中央区/代表取締役CEO:小野寺浩太、以下Next Relation)は、不動産クラウドファンディング市場の健全な成長に寄与するため設立された、日本不動産クラウドファンディング協会(共同代表:武藤 弥、杉本 宏之、以下JRCA)の事務局長に弊社代表取締役CEOの小野寺浩太が就任いたしましたのでお知らせいたします。

不動産クラウドファンディング業界について

超低金利時代である昨今、「貯蓄から投資」への舵取りが重要になる中、新しい投資スタイルとして注目されている不動産クラウドファンディングは、2017年の不動産特定共同事業法(FTK法)改正以降、国土交通省が主導する国策として、市場規模、参入事業者ともに増加しています。
(2022年度の出資募集額604.3億円(前年比2.61倍)、案件数419件(前年比1.85倍))
※参照元:国土交通省「不動産特定共同事業(FTK)の利活用促進ハンドブック」

不動産クラウドファンディングは、特にテクノロジーとの親和性が高く、市場動向は刻一刻と変化をするため、民間側が率先してルールのアップデートや倫理的な問題へ取り組むことが重要です。具合的には、新規参入事業者が増えているものの事業者の質が十分に担保されていないため、事業者と投資家の間でのトラブルなど、業界全体のイメージを損なう事象が発生しています。

一方で、不動産クラウドファンディングは地域の課題解決に貢献できる可能性があります。空き家や遊休不動産の有効活用、地方都市での混合型施設の開発などが挙げられ、国と業界全体は、好循環を生む制度設計のために協力し、連携を強化する必要があります。また、金融教育を通じて貯蓄から投資への移行を促進することも、不動産クラウドファンディングの役割として期待されています。

事務局長就任について

JRCAは、不動産クラウドファンディング市場をリードする多数の事業者で構成されております。業界を取り巻く様々な課題を吸い上げ、政策として建議・意見具申を行うことで、政策決定者と事業者をつなぐ橋渡し役として機能します。
事務局長として、これまでの業務で培ってまいりました幅広い知見を活かし、不動産クラウドファンディング市場をより良いものにするため尽力してまいります。

協会が掲げる未来に向けた3本の柱

1. 地域活性化への貢献
  ●不動産クラウドファンディングによって、空き家や遊休不動産の活用といった地域課題の解決を図る
  ●当協会が自治体との様々な連携を促進することで、FTK×地域活性化の好循環を創出する

2. 自主規制ルールの策定
  ●市場拡大に伴い、投資家保護、市場の健全な発展のため、自主規制ルールを策定する
  ●既存の事業者はもちろん、新規事業者にとっても安心して参入できる土台を築く

3. 貯蓄から投資の機運醸成
  ●人生100年時代に向け、少額小口運用が可能な不動産クラウドファンディングを適切に浸透させることで、
 資産形成の推進に寄与する
  ●金融教育の教材の一つとして、入り口として、国民全体の金融リテラシー向上に寄与する

▼協会のHPはこちら
https://jrca-ftk.jp/

CONTACT

お問い合わせ

Next Relationでは、パブリックフェアーズ事業を
通じた企業価値向上、公的利益の実現サポートをしています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら